シミができる原因

シミの原因は紫外線だけじゃなかった

 

シミといえば、肌老化の兆候として目立つものですので
非常に悩ましいものです。

 

その、シミができる原因、
またシミにかぎらず肌が全体として黒くなる原因といえば
紫外線というのがすぐに思い浮かぶと思います。

 

もちろん紫外線は肌の大敵です。
しかし乾燥もシミや肌の黒化の原因となっているというと驚くでしょうか?

 

シミのできる仕組み

 

シミができるメカニズムを簡単に説明すると、
表皮基底層にメラノサイトという細胞群があり、
これが刺激を受けることでメラニンという色素を大量生産するからです。

 

そして、その刺激としては紫外線が有名です。

 

メラノサイトは働き者…だから困る

 

しかしこのメラノサイト、困ったことに、
紫外線以外の刺激にも反応して働き始めてしまいます。

 

肌が乾燥しますと、バリア機能が衰えてしまうのですけど、
そうなると外部の刺激がいろいろ入ってくるようになります。
そして肌が炎症を起こしやすくなります。

 

乾燥肌である人は敏感肌でもあることが多いのはこのためです。

 

そして、そういう刺激によっても、メラノサイトは活発に働き始め、
メラニンを大量生産してしまうのです。
それがシミのもととなり、見た目を老けさせてしまいます。

 

ですので、シミの防止という観点からも、
肌の乾燥対策は重要になってきますね。