肌の乾燥とバリア機能

肌老化、最初の1枚

 

肌の老化は乾燥から始まるといっても過言ではありません。
肌老化の、最初のドミノの1枚といっていいでしょう。

 

そして乾燥の原因はいろいろあります。

 

保湿成分の生成が減ってしまう

 

まず基本的なこととしては、年齢が高くなるにつれて
体内での保湿成分の生成が減ってしまうということがあります。

 

保湿成分とは例えばヒアルロン酸が有名ですが、
それ以外にもコンドロイチンやデルマタン硫酸、
セラミドやNMF(天然保湿因子)などがあります。

 

こういうものが減ってしまうと、
肌から水分が逃げやすくなってしまいます。

 

細胞自体の老化はいろいろな要因が絡んでいるので…

 

こういう保湿成分の生成が減ってしまうのは、
簡単に言ってしまえば肌細胞が老化するからなのですが、
その老化の原因については科学的にも説明しつくされているわけではありません。

 

間違ったスキンケアが引き起こす皮肉

 

また、乾燥の原因としては、肌細胞の老化以外に、
間違ったスキンケアが考えられます。
特に間違った洗顔方法が大きな悪影響をもたらします。

 

肌の汚れを落とさなくては肌の負担になってしまう!
とばかりに一生懸命ゴシゴシと顔を洗ったとしましょう。

 

そうすると皮肉なことに、その洗うという行為自体が肌の負担になります。

 

バリア機能が壊れると悪循環が起こる

 

肌の表面でバリア機能をはたしてくれている皮脂を過剰に剥ぎ取り、
同じくバリア機能のメインとなっている角質層を傷つけるからです。

 

傷ついた角質層の隙間から、肌内部の水分はどんどん逃げていくことになります。
そうして肌の乾燥が進むと、バリア機能はさらに衰えてしまいます。
角質の隙間が増え、ひび割れもしやすくなるからです。

 

まさに悪循環です。

 

外部からの刺激が肌細胞の老化を早める

 

そして、隙間だらけになったバリアは、外部からの刺激物、
たとえば紫外線もそうですし、雑菌や有害な化学物質などを
防ぐことができなくなってしまいます。

 

それによって肌細胞は傷つき、老化を早めていきます。
肌細胞が老化すれば、保湿成分の生成もさらに減り、
乾燥はさらに進むことになります。

 

これまた悪循環です。

 

こういうことが繰り返されると、見た目も急速に老化していくことになります。